生産者歴10年以上の著者が、|野菜|健康|水耕栽培|家庭菜園|について情報発信するブログ!

チップバーンを乗り越え、レタスの限界を超えて栽培する【原因と対策】

今回ご紹介するのは、レタスの成長速度とチップバーンに関しての文献。

この2つ、切っても切れない関係でして、生産者を悩ます筆頭株となってます。

\野菜の栽培に役立つ知識をまとめてます!/

チップバーンが起きる原因は、新芽へのカルシウム供給不足。そして、蒸散を促すことで改善されることは知られております。

で、今回の実験で検証されているのが、

チップバーンをなんとか防ぎつつ、成長を早めまくったらどうなる?

というもの。

植物にエサをガンガン与えつつ、ムチ打ちながら太らせたという感じでしょうか(笑)

2004年の文献のため、LED登場前につき高圧ナトリウムランプが使われています。

ちょっと古めですが、面白いのでご紹介。

今回参考にした文献はこちら

目次

比較されたのは、温度、光、空気

実験では、CO2濃度と光周期は固定されていて、こんな感じ。

  • CO2:1200ppm
  • 周期:(明期)16時間 / (暗期)8時間

で、実験では2つのことが検証されていて、

1つ目が「気温を変えてみる」と、2つ目が「光の強さ、エアレーションの有無を変えてみる」です。

条件をいくつか試したうえで、収量やチップバーンの状態が確認されております。

気温を変えてみて、生育を比較

こちらの実験では、気温を変えてみて、生育への影響を検証しています。

検証されたパターンは以下のとおり。

気温(℃) 明期 / 暗期

  • 23/18
  • 26/21
  • 29/24
  • 32/27
  • 35/30

レタスの適温から、かなり高い温度まで試した感じですね。

光の強さ、エアレーションの有無で、生育を比較

そして、もう一つの実験。

光の強さ、エアレーションの有無が検証されています。

設定された条件はこんな感じ。

PPFD(μmol-m-2-s-1):

  • 500
  • 1000

エアレーションの有無:

  • レタスの中心部に空気を当ててみる

条件を組み合わせると…。ただし実現は…

それでは結果を見ていきましょう。

気温の差で比較すると

  • すべての温度でチップバーンが発生
  • 光の吸収量、炭素増加量は、27℃と30℃の設定が良い

チップバーンをいったん忘れて、できるだけ大きくしようとすると、27℃~30℃くらいが良いってことですかねー。

光の強さとエアレーションの有無で比較すると

光量の変化

  • PPFDを500から1000まで増加させると、収量は比例して増加

エアレーションの有無

エアレーション有りだと:

  • チップバーンはほぼ発生しない(無しだと重度のチップバーンが多数発生)
  • 新鮮重量が増加するが、乾燥重量は同程度

エアレーションがあると、新鮮重量が増加するのに、乾燥重量は同程度ってのは面白いですな。

チップバーンが発生していても、乾燥重量は変わらずに増え続けるってことなんですねー。

ただ、新鮮重量の方は、チップバーンが発生するとあまり伸びなくなるという。

チップバーンの発生した新芽で乾燥重量が増やせなくても、古葉の方で重量を蓄積したということですかね。

空気を当てることが、チップバーンを抑えるのに有効だが、設備が問題

というわけで、

エアレーションでチップバーンさえ解消されると、光量や気温が高いほどレタスの生産性は高くなる。

ってことがわかりましたね。

エアレーションによって無理矢理育てることが可能ということでしょうか(笑)

とはいえ、レタスの中心部にピンポイントで空気を送り込むのは、普通は難しいわけです。

この実験で用いられた設備も特殊なものですしね。

でもまぁチップバーンを抑える方法が無くはない、ってことを知る意味では参考になるかと!

ヤサマガでは、水耕栽培に関する知識や技術を発信しております。他の記事もぜひ参考にどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次