生産者歴10年以上の著者が、|野菜|健康|水耕栽培|家庭菜園|について情報発信するブログ!

トマトやミカンが長持ちする。かもしれない保存方法

野菜を収穫したあと、「すぐ冷蔵庫で保存」ってのは長持ちさせるための手段です。

でもこれ、必ずしもそうじゃないかも・・・。

という感じのことが、いくつかの実験で報告されています。

\野菜の栽培に役立つ知識をまとめてます!/

例えば、収穫した果実を40℃で24時間保管してみると、

  • クロロフィルの生成が減少し、追熟が抑制
  • 果実の軟化が抑制
  • 病虫害を防ぐ
  • 糖度の減少を抑制
  • 低温障害が抑制
  • 栄養的・機能的な特性が改善

と、いったような効果があるようです。

どれも高温ストレスに対する反応のようですが、「どんな感じで熱ストレスを与えると良いか」ってのは、よくわかっていないわけであります。

というわけで、

  • 野菜の保存中に「温めたり」、「冷やしたり」すると、どんな影響があるの?

ってことを調べた実験がありましたのでご紹介します。

こちら、実際にやってみると、「すぐ低温で保存」だけが正解とも言い切れないって感じの結果になってます。

今回参考にした文献はこちら

目次

保存中に水分量の変化を検証した実験

それでは実験方法です

実験では、まずトマトとミカンの保存中に重さを測れるようにしておきます。

重さを測る目的としては、

時間ごとに環境を変化させて、水分の損失量を測定するため。

という感じ。

ちなみに水分の損失量は、時間ごとの重量変化から求めることができます。

さらにミカンでは湿度を変化させて、カビの発生がどうなるか。ってことも調べております。

ストレスを与えると、耐性がパワーアップするようだ

野菜や果物の保存方法は、一般的に「収穫後すぐに一定の低温で保存するべき」とされています。

ちなみに「低温」にする目的はこんな感じ。

  • 呼吸などの生理機能を抑える。
  • 細菌の増殖を抑える。

以上の効果により、新鮮な時間を延ばすことが低温保存の目的なわけです。

ただ、保存環境をコントロールして野菜の反応を検証してみると、「低温保存」するよりも効果的になるケースがありそう。ってことがわかってきました。

トマトの場合

  • 40℃ほどで1日間保存、その後に低温で保存すると水損失速度が抑えられた。
  • ただし、熱ストレスを与えている期間は水損失速度が急上昇する。

というわけで、いったん高温にした後に低温にすると、水損失を防げるという結果に。

状況次第では、熱ストレスは保存に効果的。ってことが言えるとは思いますが、問題なのは高温期間は水損失が急上昇しちゃうところ。

通常の保存方法と比較して、熱を与える方法が有利だと言えるのは180時間以降になります。

ミカンの場合

ミカンでは保存中の湿度について検証されていて、結果は以下のような感じ。

  • 最初の9日間は低湿度(40%)、その後高湿度(85%)に変化させると水損失が抑えられた。

一般的に、水損失を防ぐには高湿度が良いとされてるわけですが、トマトと同様にそうではないケースもありそう。という結果に。

こちらもストレスを与えることで、保存状態の変化が確認できたってことですな。

ストレスへの耐性がパワーアップ

トマトとミカンの実験が行われたわけですが、共通点がありました。

何かというと、

  • 保存の初期にストレスを与えることで、環境に対する耐性が生まれた

ということになります。

植物に一度ストレスを与えると、そのストレスに対処しようとします。そのあとで通常の環境へ戻すと、耐性がパワーアップするようですな。

収穫後に味を良くする。とかが出来るかも

植物はストレスに対処するために、自らの生理機能をパワーアップできるみたいです。

  • 栄養価を増やす
  • 味を良くする

みたいなことも出来そうなんですよねー。

「狙った生理機能をコントロールするために、保存方法を変える」

みたいなことができると、収穫後に品質をコントロールする。なんてことも可能になるかも。

葉モノ野菜のような、足が早い野菜だとどうなるんでしょう。

気になります。

まぁでも基本は冷やして生理機能を落とすことですので、こういった方法が使えそうなのはかなり特殊な状況ですな。

ヤサマガでは、水耕栽培に関する知識や技術を発信しております。他の記事もぜひ参考にどうぞ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次